申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

なぜ多くの幼児教室はダメなのか?

↓↓ベビーパークの育児勉強会&体験レッスンの申し込み↓↓

ベビーパークのバナー

子どもの能力を伸ばすために、多くの親が子どもを幼児教室に通わせる事を検討しています。

「受験のためにはいつからいけばいいのか?」「どこの幼児教室がいいのか?」などなど。

でも、その前にはっきり申し上げておきます。幼児教室に通わせたとしてもあなたの子どもの能力は伸びません。

少し誤解を招く恐れがありますので、もう少し正確に言うと、幼児教室に通わせただけでは子どもの能力は伸びません

世界で天才と称されるバイオリニストをたくさん輩出しアメリカでは公教育にも採用されているスズキメソードの創始者である鈴木鎮一先生は子どもの能力を伸ばすために必要な事の最も大切な事の1つとして挙げられているのが「毎日休まず練習する事」です。

野球選手のイチローも小学校時代にバッティングセンターで練習していたらしいのですが、1年間でバッティングセンターに行く回数は364回だったそうです。

1日だけ休みがあるのは、元旦にバッティングセンターが休みだったからだそうです。

多くの幼児教室では、レッスンの回数は1週間に1回か2回です。

人間は1日休めば2日分能力が後退すると言われています。週に1回とか2回程度幼児教室に通うだけでは突出した能力が身につくわけがないのです。

幼児教室に任せっきりにするのであれば、毎日レッスンのある幼児教室を選ばなければ、あなたの子どもの能力は伸びません。

多くの親が仕事や家事で忙しいために、子どもの学力などの面では幼児教室や塾などに任せっきりで、ほとんど関わっていません。

でも、実際には毎日レッスンのある幼児教室というのはありませんし、実は子どもがもっとも生き生きと能力が伸びる時間というのは、自分を最も愛してくれている親と一緒に過ごしている時間なのです。

もし、あなたが本気で自分の子どもの能力を伸ばしたいのであれば、毎日子どもに必要な事に一緒になって取り組まなければならないのです。

ほとんどの幼児教室が、この事に気付いていません。これでは幼児教室に通っていないよりかはましという程度の能力しか身につきません。

ただ、少ないながらも毎日練習・運動・勉強をする事が大事ということを重視しているすばらしい幼児教室があります。

それはベビーパークです。

ベビーパークは、小学館やミキハウスなどの大手が運営している幼児教室のように知名度はあまりありませんが、おそらく卒業生の能力を比べると突出して高いと思います。

幼児教室に通うのであれば、絶対にベビーパークがおすすめだという理由をこれから説明します。

ベビーパークは子どもではなく親が学べる場所

さきほども言いましたように、子どもの能力を伸ばすために大切な事は、毎日休まずに練習する事です。

この点について、反論がある人はいないと思います。

ベビーパークは、毎日練習・学習する事の重要性を心底認識しており、最も大切な方針として掲げられています。

1週間に1回だけのレッスンでは意味がなく、そこで習った事を家庭で親子で一緒に毎日取り組んで初めて能力が伸びるという教育方針です。

つまり、週に1回のレッスンは、子どものためのレッスンではなく、親に勉強方法や学習方法をレッスンするという位置づけになっていて、それを家庭で毎日休まずに実践してもらうということです。

多くの人にとっては違和感があるかもしれませんが、このやり方が間違いなく最高の教育メソッドです。

子どもが最も長く過ごす時間というのは家庭であり、最も長く一緒に過ごす人は親です。

1週間に1回のレッスンではなく、家庭で親と一緒に過ごす時間をどのように過ごすかが子どもの能力を伸ばすのに最も大切な事なのです。

その時間にやるべき必要な事を学ぶ事ができるベビーパークは教育の本質を分かっている素晴らしい幼児教室だと思います。

育児勉強会&体験レッスンを受講する事ができますが、実際に一度体験されるとベビーパークの教育方針を理解する事ができると思います。

↓↓ベビーパークの育児勉強会&体験レッスンの申し込み↓↓

ベビーパークのバナー

最後にもう一度言います。1週間に1回のレッスンを受けるだけでは能力は伸びません。毎日練習しなければ能力は伸びません。

あなたが本気で子どもの成長を考えるのであれば、毎日時間を取って、一緒に取り組んでいく本気の覚悟が必要です。

ページTOPへ