申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

小学校受験ではどのようにして学校を選んだらいいのか?

【特集記事】

小学校受験は学校の選び方が非常に大切な要素になります。

なぜなら子どもにとって受験する学校が初めての学校であると同時に最後の学校になるからです。

つまり、一貫教育の学校の場合は、ここから中学校、高等学校、大学へと繋がっていくからです。

したがって小学校受験は子どもの生涯に関わってくる重大問題と言っても間違いでないでしょうから、学校の選択には決して安易な気持ちで臨む訳にはいきません。

また、ブランド名や知名度の高さだけを重視した選択も考えものです。

そうした選び方が果たして子どものためになるかどうかについてもよく考えなければなりません。

一般的に私立小学校は個性の強い学校が多いのが普通です。

それだけにその学校の教育環境が、はたして自分の子どもに合うかどうか、という点も見極める必要があります。

この場合、間違っても親の希望だけを優先させるのではなく、あくまで子どもの性格を考えた上での適合性を重視しなければいけません。

小学校受験の学校選びはこの点に注意しよう!

小学校受験の学校選びでは、まず情報集めから着手します。

方法はインターネットを使うのがいいでしょう。

これでいろいろな学校のホームページを見て、比較検討を重ねます。

そして何校かを候補として選び、バンフレットなどの資料を請求します。

次にすることは候補として選んだ学校の説明会に出席することです。

そこで学校の教育方針を確認したり、現場を見学して設備、教師や在校生の様子などを確認するといいでしょう。

また子どもの通学のことを考えて、学校周辺の環境、通学路の安全性なども同時に観察しておくことが必要です。

見学する学校は一校だけでなく、ある程度の数で行う必要があります。

多すぎるのも問題ですが数ヶ所を見学して、比較検討するのも学校選びでは効果的です。

「百聞は一見にしかず」と言うように見ると聞くでは大違いと言うケースもあるでしょうから、数ヶ所の学校訪問は小学校受験の学校選びの必須要素であるとも言えるほど大切なことです。

したがって労力を惜しんではいけません。

ページTOPへ