申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

小学校受験の前には幼児教室に通わせた方がいいの?

【特集記事】

小学校受験にはそれなりの対策や準備が必要になります。

そこで問題になるのがどのようにして準備をするかという点です。

つまり自宅学習と幼児教室のどちらで受験に備えるかという問題です。

確かに今では小学校受験用の自宅学習教材はたくさん市販されています。

内容もそれなりに充実しているようですから、しっかり学習すれば受験に対応できる力がつくかもしれません。

でもこれには親のしっかりした決意と子どもの忍耐力が必要になります。

何ごとも1人でやることは三日坊主になりやすいものです。

その点をよく考えて臨まなければいけません。

では幼児教室はどうでしょうか。こちらの方は自宅で学習するのと違って、目的を同じくする友達と一緒に学習するのですから、子どものモチベーションはうんと高まります。

したがって環境にさえ馴染めば、学習効果は上がるのではないでしょうか。

でも問題はどの幼児教室を選ぶかです。

以下では幼児教室の選び方とその他の注意点を見ていきましょう。

小学校受験で幼児教室に通わせるときの注意点

まず教室選びですが、最初に決めなければいけないのは幼児教室と塾のどちらを選択するかという点です。

一般的に幼児教室は情操教育に力を入れている場合が多く、それに対して塾は受験対策中心で授業を展開しています。

塾の場合は規模によっていろいろな違いがあります。

まず大手の塾ですが、こちらの方は生徒が多く刺激を受けるため、子どもにやりがいの気持ちが生まれてモチベーションが高まります。

その点はおすすめなのですが、月謝が高いのが難点と言えるかもしれません。

一方小規模の個人経営による塾の場合は少人数ですがアットホーム的な良さがあります。

では大切な合格率はと、言えば、こちらの方も大規模塾に負けない実績を誇っているところもあります。

したがって規模の大小だけを選択の条件にすることはできません。

こうした点を考えながら、まず候補を絞り、いろいろな点を比較検討しながら志願先を決めるのが良いのではないでしょうか。

さいわい今ではインターネットを使うと手軽に良質の情報を得ることができますから、丹念にネット検索を繰り返し、まず情報を取捨選択することから始めてください。

ページTOPへ