申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

私立小学校に入るとどれくらい費用がかかる?

【特集記事】

私立小学校と聞くと、まず人々が考えるのは高い学費のことでははないでしょうか。

なぜなら公立小学校が費用のほとんどが税金でまかなわれているのに対して、私立小学校では運営資金を生徒からの学費に頼っているからです。

私立小学校でかかる費用は授業料だけではありません。

その他に入学金、寄付金、備品代、親の交際費などの付帯費用がかかってきます。

これらをすべてあわせると年間100万円を優に超えてしまいます。

ということは卒業までの6年間では少なく見積もっても600万円以上かかってしまいます。

これは一般サラリーマン家庭でまかなえる金額ではありません。

やはり私立小学校は一部のお金持ちの子弟しか通えないところなのでしょうか。

ではどのような費用がどれくらいかかるかを具体的に見ていきましょう。

私立小学校の費用の詳しい内訳

まず授業料ですが、これは学校によってまちまちです。

別項でも書きましたが例えば最も高い慶応義塾横浜初等部の年間授業料は940,000円です。

少し安いところでも、私立小学校が多い首都圏や関西地区では60万円と言ったところでしょうか。

したがって名門と呼ばれる私立小学校の平均授業料は70万円を下ることはありません。

とは言え60万円以下のところもないとは言えず、地方だと30万円前後のところもあるようです。

例えば大阪のPL学園小学校の年間授業料は30万円です。

授業料のほかにかかる費用は入学金や備品・教材費、制服代などや、強制ではありませんが寄付金も必要になることがあります。

こうしたものにかかる費用は40万円~70万円ぐらいが一般的なようです。

この他にも学校から遠く離れている場合は通学のための交通費が必要になります。

それに親同士のお付き合いのために交際費も必要になります。

このように私立小学校に入るためにはある程度の資金の用意が欠かせません。

したがってまずお金についてのしっかりした計画が必要になってきます。

それに小学校は期間が長いだけに長期的な視点での資金計画が必要です。

ページTOPへ